熊野古道 小雲取越に行ってきた

登山日 2013年 4月 14日(日) 天気:晴れ
本年の春の紀行は、熊野古道 小雲取越 に行ってきました。

 

昨年は屋久島に縄文杉を見に行ったので本年はどこへ行こうか思っていると
福岡発 フェリー利用の 世界遺産 巡礼語り部と歩く熊野古道 というのが目に付いた。

 

熊野古道へも一度は行って見たいと思っていたので
じゃあ行ってみるかということで、熊野古道へ行ってきた。

 

熊野古道へ行ってみたいと思いつつも
基礎知識がまったくないまま行くという旅となりました。

 

今回行ったのは、熊野本宮大社から那智大社へ続く
「小雲取越」「大雲取越」の
小雲取越です

 

4/13日 14:00頃博多駅にバスが到着、その後新門司港より阪九フェリー泊にて
翌朝、6:00 泉大津 到着。
バスにて出発地 へ移動。
 
9:00 頃 中辺路道の駅にて語り部さんと合流し、
10:00 頃 出発点 小和瀬渡し場跡 に到着です。 

熊野古道 小雲取越 看板

熊野古道 小雲取越 看板

小和瀬渡し場跡

小和瀬渡し場跡

 

バスの中で記念に購入した押印帳にスタンプを出して

熊野古道中辺道 押印帳

熊野古道中辺道 押印帳

小雲取越では 34 ・ 35 ・ 36 の 3つが押せるようです。
34番 小和瀬渡し場跡 押印!

 

さあ、出発です。
いきなり急登です。
 

熊野古道には500mおきに標識が立っているようです。

熊野古道 30番標識

熊野古道 30番標識

30番から53番まで のトレッキングです。 
約13kmって書いてあったけど、距離がちょっと合わないような・・・・まあいいか・・・
 

小雲取越 杉林を歩く

小雲取越 杉林を歩く

杉林を抜け

 

熊野古道 石の階段

熊野古道 石の階段

石の階段を登り

 

巡礼語り部と歩く熊野古道

巡礼語り部と歩く熊野古道

語り部を先頭に、ぞろぞろ歩きます。
 

語り部さん なんか歌ってます。

・・・・・・・

ざ~んげ、ざんげ ど~っこ~いしょ~

???

後方なので何と言っているのかいまいち聞き取れません

・・・・

登りのしんどいところでは、
語り部さんの歌?(掛け声)でテンポよく登って行きます。

 

後で調べたところ、
どうやら 懺悔懺悔、六根清浄 と言っているらしいです。
どっこいしょではなかったようですね・・・。

 

桜茶屋跡で少し休憩です。

桜茶屋跡

桜茶屋跡

昔は茶屋がたくさんあったようで多くの人が通っていたことがうかがえます。

桜茶屋跡 休憩中

桜茶屋跡 休憩中

桜茶屋跡付近からの眺望

桜茶屋跡付近からの眺望

開けていて少し眺めが良い所もあります。

 

ここからしばらく登り、
桜峠を越えます。
 

次は石堂茶屋跡です。

石堂茶屋跡

石堂茶屋跡

 

石堂茶屋跡 スタンプ押印

石堂茶屋跡 スタンプ押印

休憩中に2個目のスタンプ
35番 石堂茶屋跡 押印!

 

賽ノ河原地蔵を通りすぎ、
しばらくで林道に出ます。
コースを少しはずれて林道をちょっと歩くと大きな石碑がありました。

連峰雲起

連峰雲起

 

弁当をここまで運んできてくれているので
林道わきのトイレのある広場でお昼休憩です。

 

ここからちょっと近道をして熊野古道にもどります。

林道から熊野古道へ戻る

林道から熊野古道へ戻る

 

15分程で 百間ぐら です。

百間ぐら パノラマ

百間ぐら パノラマ

紀伊半島の峰々が見渡せ眺めがとてもよいです。

 

 

万才峠分岐を過ぎ、

万才峠分岐

万才峠分岐

 

松畑茶屋跡を過ぎ、

松畑茶屋跡

松畑茶屋跡

  

あと一息です。

熊野古道

熊野古道

 

15:00 無事に到着です。

熊野古道

熊野古道

 

36番 請川 スタンプ押印!

熊野古道中辺道 押印スタンプ

熊野古道中辺道 押印スタンプ

  

熊野古道 小雲取越 道中には歌碑がたくさんありました。
次回来ることがあれば少し調べて行けばまた違った楽しみがあるかもしれません。

 

 
中辺路道の駅にてお土産休憩後、語り部さんとお別れし
フェリーの待つ神戸港へ。

 

フェリー泊にて 翌朝 新門司港

 

福岡へ無事帰宅となりました。
 

 

熊野古道

名称
熊野古道 小雲取越 (くまのこどう こぐもとりごえ)
last update 2013 / 4 / 24 (水)